トップページ  >>  「がん」補償






加入プラン トータル「がん」
プラン
シニア
トータル「がん」
プラン
シンプル「がん」
プラン
シニア
シンプル「がん」
プラン
契約年齢
(注1)
6歳~65
66歳となった場合はシニアトータル「がん」プラン
6,000 円)に自動的に移行します。 
66歳~74
(継続加入は満80歳まで)
6歳~65
66歳となった場合はシニアシンプル「がん」プラン
6,000 円)に自動的に移行します。 
66歳~74
(継続加入は満80歳まで)
月払掛金 3,000*1 6,000*1 3,000*2 6,000*2
共済金額 がん診断共済金
がんと診断確定されたとき(注2)
入院の有無にかかわらず一時金として
100万円
がん手術共済金
(注3)

手術の種類により
40万円~7.5万円

手術の種類により
40・20・10万円

(一部の放射線治療については
お支払いの対象となります。)

がん入院共済金
(1日あたり)
10,000*3
(1日~無制限)
病気・けがの
手術共済金
(傷害手術共済金・
疾病手術共済金)
(注3)
重大手術*4 20万円
入院中 5万円
入院以外 2.5万円
病気・けがの
入院共済金
(傷害入院共済金・
疾病入院共済金)
(1日あたり)
5,000*3
(1日~120日まで)
放射線治療
共済金

(注3)
5万円
先進医療共済金
305万円~5万円
1回のお支払いは実費の約半額程度となります。
メディカルアシスト あり
トータル「がん」プラン・シンプル「がん」プラン(シニアを含む)に新規ご加入の場合、共済期間の初日よりその日を含めて90日(待機期間)を経過した日までにがんと診断確定された場合は、がん診断共済金・がん手術共済金・がん入院共済金はお支払いできません。
同一事故において、がん手術共済金と病気・けがの手術共済金およびがん入院共済金と病気・けがの入院共済金はそれぞれ重複してお支払いしません。
(注1)
2014年11月1日時点での満年齢をいいます。
(注2)
がんの診断確定は、病理組織学的所見によりなされることを要します。診断共済金のお支払いは被共済者(共済の対象となる方)ごとに共済期間(ご契約期間)を通じて1回に限ります。また、2回目以降の診断共済金のお支払は、それ以前の診断共済金の支払事由に該当した最終の診断確定日から、その日を含めて1年を超えた期間が経過していることを要します。
(注3)
手術・放射線治療の内容・種類によっては回数の制限があったり、お支払いの対象とならない場合があります。
*1.
月払掛金3,000円、月払掛金6,000円に含まれる東京海上日動火災保険株式会社の医療保険の保険料は220円、がん保険の保険料は140円です。がん保険は前述のとおり新規ご加入の方の場合は待機期間があるため、ご加入初年度の保険料は安くなっています。2年目以降のがん保険の保険料は180円となります。(前記保険料は、団体割引30%、損害率による割引35%を適用した場合の保険料です。)
支給額のうち、東京海上日動火災保険(株)のがん保険・医療保険が下記の金額を補償します。
がん診断共済金:15万円 がん手術共済金:60,000円〜7,500円
がん入院共済金:1,500円 病気・けがの入院共済金:750円
病気・けがの手術共済金:30,000円、7,500円、3,750円
放射線治療共済金:7,500円 先進医療共済金:457,500円〜7,500円
*2.
月払掛金3,000円、月払掛金6,000円に含まれる東京海上日動火災保険株式会社のがん保険の保険料は210円です。がん保険は前述のとおり新規ご加入の方の場合は待機期間があるため、ご加入初年度の保険料は安くなっています。2年目以降のがん保険の保険料は280円となります。(前記保険料は、団体割引30%を適用した場合の保険料です。)
支給額のうち、東京海上日動火災保険株式会社のがん保険が下記の金額を補償します。
がん診断共済金:15万円 がん入院共済金:1,500円
がん手術共済金:手術の種類により60,000円・30,000円・15,000円
*3.
1日とは日帰り入院を含みます。日帰り入院とは、1日だけ入院と同じような形で病室を使用した場合などのことをいい、治療費領収書または医療費請求書の「入院料等」の有無を確認し判断します。
*4.
心臓・大動脈・大静脈・肺動脈・冠動脈への開胸・開腹術や日本国内で行われた、心臓移植等の約款に列挙された所定の手術をいいます。
共済金をお支払いする場合、お支払いする共済金、共済金をお支払いしない主な場合については、パンフレットをご覧ください。

  がん検診で早期発見! 早期治療!
男女とも21“がん”になる可能性があるなか、
がん検診受診は、中小企業の経営基盤を守る最も有効なリスクマネジメントです。

  全国商工会連合会は、がん検診受診率向上を目指す国家プロジェクト「がん検診企業アクション」の推進パートナーです。

14-T-06780 2014年10月作成